挨拶

はじめまして、三代目の吉岡 慶祐(けいゆう)です。


密蔵院の歴史は、まだ三代目で浅いのですが、後世に長く続くように、微力ながら努力精進する所存でございます。


私がブログなどを通して本格的な活動をさせていただくようになった理由は、2012年を迎えた頃に自身が深く悩みに悩んでしまったことが主な理由です。

悩んだ時、誰にも話せない環境でしたので、すごく辛かったのを覚えています。

お坊さんがこんなことを言ってはいけないのですが、自分は苦しみ悩む前の私はどちらかというと神秘的なことをあまり深く信じていない人だったように思います。

信心があまり深くないそんな自分であったのですが、初めて心底、自身が悩んで苦しんだ時に神仏に必死にすがり、祈りを通してその時、初めて仏様に導かれて、自身が救われていくという経験をさせていただきました。


その時に「苦しみ悩んでいる人が仏縁をいただき、不思議が起こり私のように仏様の加持力で救われていくように‼︎」っ思うようになったのが機縁となり、拙僧な私で微力ではありますが、少しでも多くの方への幸せのお手伝いが出来ればと思うようになり、ブログを開設させていただくようになりました。


仏様の真言を必死にお唱えして、すがることにより救われた理由を弘法大師空海(お大師)様は、般若心経秘鍵の中で 「真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明を除く。」と、このように説いてくださっています。

意味→(真なる言葉には、不思議な力が秘められています。声に出して唱えてみれば、不思議と心の迷いが消え、気持ちが穏やかになるんです。)

お大師様が残されたこの言葉は、1200年も前からお説きになられています。

この般若心経秘鍵のお大師様の言葉で分かるように、お大師様自身も自身で真言をお唱えして、仏様の加持力をいただいていることが考えることが出来ます。

このブログを通して、真言密教の素晴らしさを知ってもらい、さらには、老若男女を問わず、宗派問わず、誰もが気軽にお尋ねや御相談をしていただき、少しばかりでも仏の御加護にて幸せにむかっていただけたらと願っています。


お尋ね、相談、祈祷以外にも、戒名授与、派遣葬儀、供養、仏事に関わることなど、様々な依頼を受けさせていただいております。


ありとあらゆる問題を解決できるように共に邁進していけたら幸いです。


私のような拙僧が大変生意気で申し訳ありませんが、仏事に関することから人生相談やお尋ねなど、ありとあらゆる依頼を心からお待ちしています。

それでは、素晴らしき仏縁に巡り会えることをお待ちしております。


アメーバブログやInstagramでつぶやいていきたく思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。


南無大師遍照金剛。

合掌 


お問い合わせこちらまで。
ケイユウハイフンカケコミ@ezweb.ne.jp